人生を楽しむために/人生を楽しむ  
まとまったい金が移動するときは、移動する媒体が必要です<210318>
ここから「人生を楽しむ!」ための歩みが始まります<210308>
まとまったい金が移動するときは、移動する媒体が必要です
   
お金ですべてを解決できませんが、多くのことを解決してくれます。

中には自給自足を楽しむご家族もいらっしゃいますが、多少なりとも金銭は必要のようで、農産物や鶏卵などを出荷している方もいます。
現代社会では、どこかでは金銭が必要なようです。

ただ、金銭の多寡が幸福感を左右しないことも実際のようです。
また、自給自足生活をしているご家族が適度に安心できる貯蓄をしていることも想定できます。

私は貧乏根性かも知れませんが、「金銭は多ければ多いほどいい!」という考えです。
持っていて邪魔にはならないという考えです。

で、お金を増やす、貯めることを具体的に考えてみます。

私は、「お金は生きている!」という考え方です。
生きていると考えると、いろいろな疑問が解けてきます。

お金は粗末な扱いをすれば寄ってきませんし、無駄使いをすればどんどん自分から離れていきます。
また、大切に扱えば徐々にお金が増えていきます。これは事実のようです。

「お金はお生きている!」という考え方の基本には、お金の移動手段があります。
大きくないお金は、自分の足で歩きます。

ところが、少しまとまったい金が移動するときは、移動手段が変わります。
何かに乗って移動します。

あなたは、お金は何を使って移動すると思いますか?
<210318>
ここから「人生を楽しむ!」ための歩みが始まります
   
私たちにとって「人生を楽しむ!」って?

その要件や要素を考えてみます。

まず、「組織や時間に拘束されない!」ことです。
次に、「他人に指示されない!」ことです。

また、「他人に指摘されない!」ことです。
「他人に監視されない!」こともあります。

さらには、「他人に評価されない!」ことです。
要するに、「人生を楽しむ!」ための要件や条件は「・・されない!」ことなのです。

言い換えると、私たちが生きている周りは自分の意思や行動を制約されることばかりなのです。
「人生を楽しむ!」ためには、自分の意思や行動を制約されることから解放されることなのです。


LIVEとは、「生活する!」「生きる!」などの意味のほかに「人生を楽しむ!」という意味もあります。
私たちが生きるということは、「人生を楽しむ!」ことなのです。

「・・されない!」を反対から読み取ると、「他人や組織からの影響を受けずに自分の行動のすべてに自分の意思を反映させる!」ことになります。

その「人生を楽しむ!」旅がここから始まります。
<210308>